スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便秘と眠り

私たちの身体をコントロールしている自律神経は、交感神経と副交感神経から構成されており、起きている(緊張している)時は自律神経、眠っている(リラックスしている)時は副交感神経が優位になっています。

そして、自律神経のバランスが崩れると、不眠をはじめ、身体に様々な不具合が生じてきますが、自律神経と便秘には相関関係があると言われています。

お腹

それは、消化器官(胃腸)が副交感神経の支配下にあることが関係しています。通常、他の内臓器官は交感神経の支配下にあり、日中活発に動けるように、交感神経が働くと内臓も活発に働きます。しかし、胃腸だけは逆に副交感神経が一番働いている就寝時に最も活発になります。

朝起きるとお腹が空いたり、トイレに行きたくなるのは、腸が活発に働き、就寝前に食べたものが消化され、便(老廃物)が作られるからです。

例えば、睡眠時間が十分に摂れないと、副交感神経があまり働かず、消化も十分に行われず、便秘になりやすくなります。また、逆に便秘(腸内環境が悪化する)になることで、自律神経のバランスを崩しやすくなります。それは、腸内環境が悪化することで、血液が汚れ、それが自律神経を含めた身体全体に不調をきたすのです。

胃腸の血流が悪化→消化不良→必要な養分が吸収できない→食べかすが残り、腐敗し、腸内環境悪化→悪玉菌の増加→消化吸収のさらなる悪化。

夜更かし→朝起きられない→朝食を抜く→腸内環境悪化→自律神経のバランスを崩す→不眠

などなど、負のスパイラルがいっぱいです。

規則正しい時間に1日三度食事を摂ること(量は少なくていい)は腸に適度な刺激を与え、腸内環境を整えます。また、定期的に運動をしたり、乳酸菌を意識的に多く摂取して、善玉菌を増やしてあげることで血液がきれいになり、自然と胃腸も自律神経のバランスも整ってきます。

よく眠れない方で便秘しがちなかたは、腸内環境を整えることも重要だということを理解しておきましょう。

関連記事 : 「自律神経」が眠りの良し悪しを決める

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。