スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エプワース眠気尺度(Epworth sleepiness scale)とは

エプワース眠気尺度(Epworth sleepiness scale)とは、1991年にJohn MWによって作成された全8項目からなる眠気の自己評価尺度で、主観的な日中の過度の眠気を自己評価測定することができます。

睡眠時無呼吸症候群の方の日中の眠気評価のために幅広く使用されています。
以下、エプワース眠気尺度表。

あなたの最近の生活の中で、どのような状態になるか、あなたの状態にもっとも近いと思われる点数(0・1・2・3)を○で囲み、合計点数を診断結果に照らし合わせてください。

0 : 眠ってしまうことはない
1 : 時に眠ってしまう
2 : しばしば眠ってしまう
3 : だいたいいつも眠ってしまう

なお、このテストについては、方法が容易であるため、眠気の状態を実際よりも軽く判断してしまい、点数が低くなる傾向があります。客観的に本人の眠気を評価できる家族などに協力してもらい検査する方が正確な診断結果が得られます。

眠気

<状態:どんなときにねむってしまいますか?>
1. 座って読書をしているとき (0・1・2・3)
2. テレビを見ている時 (0・1・2・3)
3. 人の大勢いる場所で座っている時(例えば会議や劇場などで) (0・1・2・3)
4. 他の人の運転する車に、休憩なしで1時間以上乗っているとき(0・1・2・3)
5. 午後に、横になって休憩をとっているとき(0・1・2・3)
6. 座って人と話をしているとき(0・1・2・3)
7. 飲酒をせずに昼食後、静かに座っているとき(0・1・2・3)
8. 自分で車を運転中に、渋滞や信号で数分間、止まっているとき(0・1・2・3)

<診断結果>
合計点が11点以上は、昼間でも眠気が強い(過眠)等の病的領域とされ、睡眠時無呼吸症候群(SAS)にかかっている場合は、治療を要するレベルと評価されます。また、11点未満であっても、慢性的ないびきをかく人、睡眠時に呼吸が止まる人、日中頻繁に眠気を感じる人も、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性があります。

診断結果から、自分が睡眠時無呼吸症候群(SAS)ではないかという疑いをもたれた方は、医療機関を受診してみてください。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。