スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートスリーパーとロングスリーパー

世間にはショートスリーパーと呼ばれる短時間睡眠者とロングスリーパーと呼ばれる長時間睡眠者がいます。

具体的には、平均睡眠時間が6時間未満の人を「ショートスリーパー」、9時間以上の人を「ロングスリーパー」といいます。その間の平均睡眠時間6時間以上、9時間未満の人を「バリアブル(可変)スリーパー」といいます。ほとんどの人はここに入りますが、人口の5%ほどの人はショートスリーパー、10%ほどの人はロングスリーパーに入るといわれています。

ナポレオンは1日に3時間しか睡眠時間をとっていなかったと言われ、発明王エジソンやレオナルド・ダ・ヴィンチも「ショートスリーパー」であったと言われます。しかし、ナポレオンやエジソンは昼寝の習慣があったことも記録されており、正しいところはわかりません。

エジソン

逆に「ロングスリーパー」としては、物理学者のアインシュタインが有名であり、一日10時間は眠っていたそうです。

ショートスリーパーとロングスリーパーの違いはレム睡眠にあるといわれており、ショートスリーパーはレム睡眠が短く、ノンレム睡眠の時間はロングスリーパーの人とほとんど変わらなく、しかも深い睡眠深度を得ているといわれています。つまり、夢をほとんどみることなく、短時間で疲労回復ができるということでしょう。

それは性格の差にも表れ、ショートスリーパーは人付き合いが得意で、周囲の状況に柔軟に対応するのに優れており、外交的な性格が活かせる政治家や実業家に向いているといわれています。失敗してもくよくよせず、悩みを軽く受け流すことができる傾向があるため、脳の疲労が少なく、短い睡眠時間で足りるのではないかと考えられています。

逆にロングスリーパーは、失敗や悩みを正面から受け止める人が多く、そのため脳が酷使され、疲労回復に時間がかかる分、睡眠時間が長くなると考えられています。また、そうではなく、中途覚醒の頻度が高く、眠りのレベルが浅いからだという意見もあります。

ロングスリーパーは周囲の環境に適応するのは苦手ですが、独自の内的世界に対応するのに優れているといわれています。したがって、研究者や芸術家に向いているとされます。

なお、以上はあくまで統計的なものであって、生物学的な根拠はありません。また、寝ても寝ても寝たりないという過眠症の人と、ロングスリーパーの人は異なります。

また、睡眠時間は遺伝子的体質も関係しており、ショートスリーパーがロングスリーパーに簡単に変われるものではありません。

(D・D・ルーンズ編「トーマス・アルヴァ・エジソンの日記と考察」より)
たいていの人間が必要量の倍は食べすぎであり、眠りすぎである。それも好きこのんで。この過多のおかげで、人々は健康を害し、無能になる。1日8時間から10時間も眠る人間は、熟眠もしなければ完全に覚めた状態になることもない。彼らはひたすら24時間じゅう、ぼんやりと夢うつつのままにすごすのだ。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。