スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アテネ不眠尺度(AIS)

世界保健機関(WHO)が中心になって設立した「睡眠と健康に関する世界プロジェクト」作成の世界共通の不眠症判定法です。

あなたがこれまでに経験した「睡眠のトラブル」について自己評価し、それを記録し、原因の特定に役立てるものです。

次の8項目について、A~Dの中から自分に当てはめるものを選びます。過去1か月間に少なくとも週3回以上経験したものが、あなた自身のトラブルの程度です。

① 寝つき(床についてから眠るまでに要する時間)について
 A. いつも寝つきはよい
 B. いつもより少し時間がかかった
 C. いつもよりかなり時間がかかった
 D. いつもより非常に時間がかかった、あるいは、まったく眠れなかった

② 夜間、睡眠途中で目が覚める
 A. 問題になるほどのことはなかった
 B. 少し困ることがある
 C. かなり困っている
 D. 深刻な状態、あるいは、まったく眠れなかった

③ 希望する起床時刻より早く目覚め、それ以上眠れない
 A. そのようなことはなかった
 B. 少し早かった
 C. かなり早かった
 D. 非常に早かった、あるいは、まったく眠れなかった

④ 総睡眠時間について
 A. 十分である
 B. 少し足りない
 C. かなり足りない
 D. まったく足りない、あるいは、まったく眠れなかった

⑤ 全体的な睡眠の質について(睡眠時間の長さとは関係なく)
 A. 満足している
 B. 少し不満である
 C. かなり不満である
 D. 非常に不満である、あるいは、まったく眠れなかった

⑥ 日中の気分について
 A. いつもどおり
 B. 少し滅入った
 C. かなり滅入った
 D. 非常に滅入った

⑦ 日中の活動(身体的及び精神的)について
 A. いつもどおり
 B. 少し低下した
 C. かなり低下した
 D. 非常に低下した

あくび2

⑧ 日中の眠気について
 A. まったくない
 B. 少しある
 C. かなりある
 D. 激しい

【配点】A=0点、B=1点、C=2点、D=3点で合計点を計算します。

【判定】
1~3点=睡眠障害の心配があります
4~5点=不眠症の疑いが少しあります
6点以上=不眠症の疑いがあります。10点以上なら医師に相談したほうがよいでしょう。

*快適な眠りを実現するには、まず自分の睡眠の状態を知ることが重要です。それによって自分の睡眠(不眠)のタイプを知り、原因を明らかにすることが出来れば、その改善方法も見えてきます。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。