スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝の光が目覚めを良くし、夜の眠りもサポートする

人の生体リズムは1日の24時間より少し長いリズムを持っており、例えば、太陽の光が全く入らず、時計もない場所で生活をすると、睡眠の時間帯は徐々に遅くなっていきます。そして、人はこのような生体リズムと実際の時間のズレを朝太陽の光を浴びることによって調整しています。
 
また、朝、光を浴びると睡眠ホルモンであるメラトニンが抑えられ、逆に日中活発に動くために必要なセロトニンを活性化させ、眠気を少なくしてくれます。そして、その14~16時間後には、セロトニンからメラトニンにバトンタッチが行われ、眠くなる、といった感じで1日のリズムが出来ています。

窓際ベランダ

つまり、朝の光は、あなたの「やる気スイッチ」をONにさせ、かつ「夜の眠りの準備」もしてくれるのです。ですから、朝起きたら、まずは部屋のカーテンを開けて光を部屋に取り込みましょう。一番良いのは、朝起きたらベランダで数分だけでも日光浴をすることです。ただ、忙しい朝ですので、朝食を窓際に近い所で食べる、なるべく窓の外を見るようにする、朝は部屋の照明を出来るだけ明るくする、といったことからでも効果はあります。

理想は、朝日が徐々に上るのに合わせて起床することによって、心地よい目覚めと活動的な日中を過ごすことですが、季節によって日の出の時刻も変わりますし、天候にも左右されます。そこで、起床時刻少し前から徐々に明るくなるような照明目覚まし時計をうまく活用するのも一つの方法です。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。