スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プラシーボ睡眠」で朝の目覚めを変える

自分に必要な睡眠時間がどうしても確保できなくて、睡眠不足の朝を迎えるときもあります。そのようなときは、あえて目覚めた瞬間に「良く眠れた!」と自分に言い聞かせます。

Journal of Experimental Psychologyの中で発表されたコロラド大学の研究員の研究結果によると、「寝不足だ」という意識は日中のパフォーマンスを低下させる一因になり、むしろ、それを忘れてしまう方が良いパフォーマンスを残せるそうです。この研究はプラシーボ(本物の薬のように見える外見をしているが、薬として効く成分は入っていない、偽物の薬の事)効果から名前を取って「プラシーボ睡眠」と研究者たちから呼ばれています。

偽物

実験では、被験者にレム睡眠を多くとることが出来ると学習能力が向上することを前もって説明し、次に一人一人に昨夜どの程度のレム睡眠が取れていたか、嘘の情報を教えたそうです。結果は、昨夜、レム睡眠を平均よりも多く取れていたと言われた被験者は、平均よりも少なかったと言われた被験者よりテストの結果が良かったそうです。

全くの思い込み「暗示」の世界ですが、大事な予定がある日によく眠れなかったら、試してみる価値はあるかもしれません。なお、もちろん実際は不足していますので、しっかりと後で不足分は補うようにしましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。