スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レム睡眠目覚まし」を使って快適な目覚めを得る

快眠グッズを利用して朝の目覚めを良くする方法もあります。

例えば、レム睡眠目覚まし時計は、睡眠中の身体の微妙な動きから、眠りの深度(レム睡眠・ノンレム睡眠)を把握し、起床時刻に近い時間帯の中で、一番目覚めやすいレム睡眠時にアラームを鳴らしてくれます。

レム睡眠目覚まし

もちろん、セットした起床時刻より数分前に起こされる可能性はありますが、睡眠時間が数分削られても、眠りの深い所で起こされるよりは、目覚めも良く、スッキリ感があるため、その後の活動も良いスタートとなります。

また、少し早く目覚めた時間を利用して、その日一日の計画を立てたり、夜にチェックするのをやめたメールを確認したりと、少し余裕を持って一日のスタートが切れますので、日中の活動も効率的になります。

レム睡眠とノンレム睡眠の周期が約90分であることから、この睡眠周期をベースに就寝時刻と起床時刻を決めると起床しやすいという話をよく聞きます。睡眠時間をこの睡眠周期(90分)の単位で決め、例えば、起床時刻7時、睡眠時間7時間半(5サイクル)とした場合は、23時半に就寝、6時間睡眠(4サイクル)であれば、1時就寝といった感じです。

ただ、注意しなければならないことは、就寝しようと思っても、その時刻どおりに眠れないこともありますし、睡眠周期は誰でも90分とは限らず、人によって異なります。また、睡眠の前半はノンレム睡眠が多くなりますが、後半はレム睡眠が多くなります。

よって、あまりこの90分周期にこだわり、就寝時刻を早めたり、遅らせたりしてみても、あまり効果がない可能性もあります。また、「今寝なきゃ、90分後になってしまう」と考え出すと、結果的に睡眠の質を下げてしまうことにもなります。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。