スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<入眠儀式> 入浴が眠りを変える

毎日何気なく入っているお風呂。実は、そこには快眠の秘訣がいっぱいあります。
ここでは、入浴のメリットを睡眠の観点からお伝えします。

○温熱効果
ぬるめ(38~40℃)のお湯に20分程度ゆっくり浸かると身体の中の体温(深部体温)が上昇します。

睡眠は体温と密接に関係しており、体温が下がるときに眠気をもよおします。就寝前に入浴によって少し体温を上げてあげると、身体が自然と体温を下げようと働きますので、より入眠しやすくなります。

また、入浴によって血行が良くなると、入眠時に身体の中の熱を外に出しやすくなり、さらに寝付きを良くてくれます。加えて、睡眠中に分泌された成長ホルモンが効果的に体全体に行き渡ることで、疲れが取れやすくなります。

○水圧効果と浮力効果
お湯の中では水圧によって身体全体が押され、マッサージ効果が得られます。日中の緊張やストレスによって凝り固まった身体を水圧のマッサージ効果でほぐしていくことで、自然と心の緊張もほぐれるのです。

また、お風呂に入ると、体重が1/10の軽さになることから、その開放感によって副交感神経が働き、リラックスすることが出来ます。

お風呂

そう、入浴は、あなたの寝付きの良くし、眠りを一層深いものとし、疲れの取れやすい身体にしてくれる、とても大事な入眠儀式なのです。

しかし、こんな大事な儀式が睡眠にとってマイナスになることがあります。それは、42℃を超えるような熱いお湯に浸ったり、熱いシャワーだけで入浴を済ませた場合です。

熱いシャワーだと、身体の表面だけが温まり、内部は冷えたままです。また、熱いお湯が交感神経を刺激し、就寝に向けてリラックスすべきところが、逆に緊張した状態になってしまいます。

なお、お湯の温度と入浴時間は季節やその人の体質によって、多少の変化をつけることも必要かもしれません。例えば、冬場は夏場より1~2℃高めに設定し、入浴時間を少し長めにとる、といったことです。

また、長い時間入浴をすると心臓への負担もかかってきますので、気候や体調などを考えながら、半身浴も取り入れてみてください。

入浴の時間は、就寝1~2時間ぐらい前が理想ですが、これも季節によって変化させても良いでしょう。例えば、冬場はせっかく上昇した深部体温がすぐに下がってしまわないように、入浴の時間を少し遅らせたり、入浴後、就寝までの間は身体を冷やさないようにしてみてください。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。