スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠中の防音対策

寝入りばなや就寝中に物音が聞こえるとどうしても気になって眠れなくなったり、途中で目が覚めてしまったりしがちです。

睡眠時は、図書館(騒音レベル30~40dB(デシベル))と同じぐらいの静けさは最低限必要であり、騒音レベルが40dbを超えるようだと眠りが浅くなるなど、睡眠に影響を及ぼしてしまいます。

騒音

防音カーテンや耳栓などを活用して睡眠が阻害されない環境を作りましょう。

また、逆に静か過ぎて、神経過剰気味になり、時計の秒針の音や自分の心臓の音が気になる方は、単調なリラックス音楽や自然音CDを就寝時に流してみるといいでしょう。

なお、ラジオを聞きながら眠る方もいますが、ラジオは会話が入り、それに聞き入ってしまうこと、途中で抑揚のある音楽が流れることもありますので、睡眠の質を高めるという意味では、お勧めは出来ません。

ただし、それがなくなると眠れなくなるというのであれば、逆に睡眠の質を下げてしまいますので、出来るだけ枕元から遠ざけ、音量を小さくしてご使用ください。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。