スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠りに最適な寝室の照明

寝室の照明は何を使っていますか?寝室の照明に明るい白色灯を使用している方もいらっしゃいますが、あまりおすすめできません。なぜなら、睡眠ホルモン「メラトニン」は、光に弱い性質を持ち、強い光を浴びるとその分泌が抑制されてしまうからです。

メラトニンが十分に分泌されないと寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなってしまいます。

一般的なリビングの照明の明るさは500~700ルクス程度ですが、500ルクス程度の光でもメラトニンの分泌を減らしていきます。よって、寝室やリビングには、ダウンライトなど、灯りの弱い間接照明を設置し、就寝1~2時間前ぐらいからは、間接照明に切り替えます。

また、オレンジ色の暖色照明は白色照明より、ルクス数が小さく、メラトニン抑制力も少ないことに加え、人の気持ちを落ち着け、眠りに就きやすくしてくれますのでおすすめです。

就寝時は、完全な暗闇が一番ですが、不安になって、寝つきを悪くする場合や、夜中に目が覚めたときのことも考え、物の形が何とか判別できるぐらいの明るさ(0.1~1ルクス)が理想と言えます。

照明2

寝室の明るさが30ルクス(ロウソク1本や豆電球1つの明るさが約10ルクスです)を超えると、睡眠の質に影響が出てきますので、調光機能のある間接照明を使用するか、寝床から間接照明を遠ざける、もしくはアイマスクを使用するなどして、理想の明るさに近づけましょう(豆電球1個でも睡眠に影響を及ぼすという研究結果もあります)。

なお、寝る前は極力避けた方がよい光ですが、逆に、朝は出来るだけ多く浴びましょう。起床後は速やかにカーテンを開け、照明をつけるなどして、部屋を明るくして、光を身体に取り入れることで体内のメラトニンが消滅して、反対に活性ホルモンのセロトニンが分泌され、眠気を抑え、目覚めの良い一日にしてくれます。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。