スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺激制御法とは

眠れないことが続くと寝室の寝床に入って眠ることを苦痛に感じられることがあります。「また今日も眠れないのだろうか」と悪いイメージを抱いてしまうことから、寝床が「心地良いところ」や「リラックスできるところ」といった本来のイメージが湧かなくなっている状態です。

楽園1

本来であれば、寝室や寝床に入ると心地よくて、知らず知らずのうちに眠くなって、眠ってしまっている、という条件反射とは逆の悪い条件反射が付いている状態です。

刺激制御法では、このような考え方を取り除くために、

① 眠くなるまで寝床に入らない、
② 寝床は性交渉を除き、睡眠のみに使用する(寝床で本やテレビ、携帯を見ない)、
③ 寝床に入って20分程度経っても眠れなければ、一度寝床から出る、
④ 眠気を感じたら、また寝床に戻り、それでも寝付けなければ、寝床から出る(繰り返し)
⑤ たとえ昨夜眠れなくても、起床時刻は変えない、
⑥ 睡眠不足を感じても、日中、仮眠をとらない、

といった制限を睡眠障害の患者に与え、睡眠欲を高め、「寝床=心地良いところ・眠るところ」というイメージを植え付けて行き、入床から入眠までの時間を短くしていき、患者の方が過度に眠れないと感じることを抑えて行きます。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。