スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠時間が短いときは意識的にポジティブ(楽天的)に

世の中には、短い睡眠時間でも問題なく生活できるショートスリーパーと逆に平均より長い睡眠時間を必要とするロングスリーパーがいます。そして、その長短はその人の性格に左右される部分もあると言われています。

ショートスリーパーは外交的・社交的、楽観的な人に多いと言われています。それは、失敗や悩みに対して、くよくよせず、軽く受け流すことができる傾向があるため、脳の疲労が少なく、短い睡眠時間で疲労を回復できるのではないかと考えられています。

逆に、ロングスリーパーは、内向的で悲観的な人に多いと言われています。失敗や悩みを正面から受け止めるために、脳を酷使し、その疲労回復に時間がかかる分、睡眠時間も長くなると考えられています。

もしあなたの睡眠時間がどうしても短くなってしまうときは、意識的にポジティブ(楽天的)に物事を考えるようにしましょう。睡眠時間が短いときは、努めて、脳の疲労度を軽減させてやるのです。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。