スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ寝ると疲れが取れるのか

日中疲れた身体を睡眠中に回復してくれるのは、睡眠中に分泌される「成長ホルモン」が大きな役割を担っています。

成長ホルモンは、骨や筋肉を成長させ、免疫力を活性化させるとともに、細胞の新陳代謝を活発にし、肌や髪の再生を促し、疲労回復を行ってくれます。

この成長ホルモンは、1日の総量の約70%が眠っている間に分泌され、それも寝入りばなの3時間に集中して分泌されます。つまり、この寝入りばなの3時間が「疲れを取る」勝負の時なのです。

疲れ

では、どんな眠りでも寝入りばなの3時間で成長ホルモンが分泌されるかというと、そうではありません。眠りの深さによって、その分泌量が異なってきます。

寝入りばなに成長ホルモンが集中して分泌されるのには理由があり、それは、寝入りばな3時間ぐらいに眠りの深いノンレム睡眠が集中して現れるからです。

ノンレム睡眠はその眠りの深さによって睡眠段階1~4に分類され、睡眠段階3~4の眠りの一番深い段階を徐波睡眠(デルタ睡眠)と言います。成長ホルモンは、この深いデルタ睡眠の間に、脳下垂体前葉から大量に分泌され、併せて筋肉に送られる血液の量も多くなり、体力を回復させます。

また、この間、体温は下がり、次の日のためのエネルギーを温存し、代謝活動も最低になり、組織の成長や回復に備えます。これは、ウィルス感染に対する免疫力を高めることにも働きます。

もし、あなたの寝入りばな3時間の眠りが浅いものであったならば、同じ時間眠っていても、成長ホルモンの分泌量も少なく、疲れも取れにくくなります。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。