スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不眠と高血圧

一般的に血圧の一日における変化は、体温の変化と似ており、起床時から上昇し、日中は高い数値を維持し、夕方から夜にかけて低下し始め、眠っている間が最も低くなります。

これは、日中は活発に活動できるように交感神経が優位となり、夜になると就寝に向けて副交感神経が優位になるからです。

ところが不規則な生活を続けたり、過度なストレスなどにより、自律神経のバランスが崩れてくると、夜になっても交感神経が優位なままで、副交感神経優位にうまく切り替えが行われません。そのため、寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなるとともに、就寝中に下がるはずの血圧もなかなか下がりません。

血圧

睡眠不足や睡眠障害が続くと、交感神経系は活性化し、これがさらに悪循環化します。

特に睡眠時無呼吸症候群の方は、睡眠中に気道が閉塞して呼吸が止まり、次に呼吸が再開する際には睡眠が一時中断されることから、交感神経が亢進し、血圧も上昇します。そして、一晩中このようなサイクルを繰り返すことから、睡眠中も血圧が正常に低下せず、高血圧になりやすくなります。

また、近年の研究では、睡眠ホルモンであるメラトニン分泌の減少が血圧上昇の一因であるとする報告もあります。

睡眠は身体を休めるだけでなく、日中負担をかけた血管をメンテナンスする重要な働きもあります。よって、睡眠不足が続くと、高血圧になるだけでなく、血管に対する負担が増加することによって、脳心血管疾患発症のリスクも高まります。

降圧薬を飲んでも血圧がなかなか下がらない人は、睡眠時間が十分にとれているか、眠りが浅くなっていないか、睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害を抱えていないかを疑って、気になる場合は医師に相談してみましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。