スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不眠と糖尿病の関係

不眠を抱えると糖尿病になるリスクが高くなると言われており、海外の報告では、不眠によって糖尿病の発症リスクは約1.5倍も高まるとされています。

その理由としては、まず、睡眠不足や睡眠の質が低下すると、肥満になる可能性が高くなります。これは、睡眠不足によって食欲増進物質であるグレリンの分泌量が増え、逆に食欲抑制物質であるレプチンが減少することから、空腹感を感じやすくなり、食欲が増し、実際に食事量が増える(エネルギー摂取量が増える)からです。

スイーツ

加えて、日中の眠気や脳機能の低下によって活動量が減少することから、体内でのエネルギー消費量も減少します。

また、それ以外に睡眠不足によりストレスを受けやすくなり、交感神経系も活発になることから、コルチゾールの分泌量が増えます。

コルチゾールは炭水化物、脂肪およびたんぱく代謝を制御し、生体にとって必須のホルモンですが、ストレスによってその分泌が高まると、血圧や血糖値が上がり、代わりにインスリンの分泌量が減り、糖尿病発症のリスクを高めます。

なお、不眠が糖尿病の発症に影響を与える一方、糖尿病自体も不眠の発症に影響を与えると考えられています。まず、高血糖によって睡眠前半の徐波睡眠(眠りの深いノンレム睡眠の中でも特に眠りの深いところ)が少なくなるという報告があります。

また、糖尿病の症状から、中途覚醒や熟眠障害が生じることもあります。それは、夜間頻尿や口渇、末梢神経障害や閉塞性動脈硬化症による痺れや疼痛、夜間こむらがえり、消化管の機能異常による腹部膨満感、逆流性食道炎による胃もたれ、むずむず脚症候群の合併、などさまざまです。

さらに糖尿病患者では、予後や合併症などに対する悲観的思考や、食事制限、運動およびインスリン注射の継続などによるストレスなどから抑うつや不安を合併しやすく、それの精神症状から不眠を発症することもあります。

以上のように不眠と糖尿病は一方向の関係ではなく、相互に悪影響を及ぼし合っています。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。