スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁断症状が出るため睡眠薬が減らせません。

禁断症状とは、神経や精神に作用する薬を長い期間飲み続けた後に、薬を減らしたり、中止した時に現れる症状で、離脱症状とも呼びます。

よくみられる症状は、不眠、動悸、吐き気、不安感などです。どのくらいの期間や量の薬を飲み続けると、離脱症状を生じるのかは、個人差が大きく一概には言えません。

しかし、長い期間、多い量、いくつもの種類の併用は、離脱症状を生じやすくなりますので、指示された用法用量を守ることが大切です。

睡眠薬を中止するときには、離脱症状に注意し、時間をかけてゆっくりと中止することが大切です。そうすることで、離脱症状を避けて中止することが出来ます。

参照元:日本睡眠学会 <睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン>

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。