スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠薬はいつまで服用すればよいのでしょうか?服用すれば眠れますが、治っているのでしょうか?

基本的に、睡眠薬は無期限に長く服用する薬ではありません。不眠症が治ったら、適切な時期に減薬もしくは休薬すべきです。

ご自身の不眠症が治っているか判断するポイントには二つあり、一つ目は夜間の不眠症状が改善していること、二つ目は(良眠できたおかげで)日中の心身の調子が良いことです。この二つが揃っていることが休薬を成功させるコツです。

不眠症が十分に治らないうちに睡眠薬を止めてしまうと、不眠が再発したり、悪化したりすることがあるので注意しましょう。

不眠症患者さんの中には、さまざまな理由により睡眠薬を長期間にわたり服用する必要がある方がいます。その場合には、副作用に注意しながら睡眠薬を長期服用する治療法もあるので、主治医に相談しながら治療方針を決めてください。

参照元:日本睡眠学会 <睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン>

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。