スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠薬の飲み過ぎで死亡した人がいると聞いて不安です。

睡眠薬が自殺の手段として用いられた悲しい過去があります。

当時はバルビツール酸系睡眠薬が広く用いられており、血圧や呼吸の維持を司っている脳(脳幹)に対する強い抑制作用を持つため、大量服用で死亡に至るケースが見られました。

しかし、現在広く使用されているベンゾジアゼピン系および非ベンゾジアゼピン系睡眠薬、メラトニン受容体作動薬にはこのような抑制作用はなく、安全性が高い薬だと言えます。

従って常用量を服用している限りにおいては、長期間服用しても死亡率が高まるということはありません。

しかし、ベンゾジアゼピン系睡眠薬といえども不眠治療以外の目的で一度に大量に服用したり、アルコールと併用したりすると、呼吸抑制を含めた重篤な副作用が出現する可能性があります。

特に、慢性閉塞性肺疾患や睡眠時無呼吸症候群などの基礎疾患がある場合には、呼吸器症状が生じやすいため注意が必要です。

参照元:日本睡眠学会 <睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン>

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。