スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスや精神的疾患が原因の不眠にも睡眠薬は効果がありますか?

うつ病などの精神的な病気でも、ストレスを強く感じている場合でも、しばしば不眠が生じます。

ストレスや精神的な病気に伴う不眠に対する睡眠薬の効果は、その原因によって異なります。

うつ病の不眠に対して睡眠薬は効果的です。睡眠薬で不眠に対処することが抗うつ薬の治療効果を高めることが知られています。

強いストレスが原因で起こる心的外傷後ストレス障害(PTSD)に伴う不眠には睡眠薬はあまり効果がないと言われています。

ただし、不眠が著しい場合には不安や苦痛を緩和するため睡眠薬を使用する場合もあります。

アルコール依存症に伴う不眠では睡眠薬はその副作用が生じやすく、また睡眠薬に対する依存がおこってしまう可能性が高いため睡眠薬で対処することはお勧めできません。

不眠症が続く場合には、主治医や産業医、睡眠専門医に相談しましょう。

参照元:日本睡眠学会 <睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン>

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。