スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日どのぐらいの睡眠時間が必要か

健康的な生活を行っていく上で必要な睡眠時間とは何時間ぐらいでしょうか?

気になるところですが、これは年齢や個人によって異なってきます。

生まれたばかりの新生児は1日に16時間ほど眠っていますが、その半分ぐらいは眠りの浅いレム睡眠です。これは体内時計の働きがまだしっかり出来ていないことも理由にあります。

赤ちゃん

そして大人になるにつれてレム睡眠の時間が短くなり、眠りの深いノンレム睡眠の時間が長くなり、総睡眠時間は徐々に少なくなってきます。

そして、成人の人が健康的な生活を行って行く上で必要な睡眠量は一般的には7~8時間と言われています。

過去の研究結果では、睡眠時間が7時間の場合に平均余命が最も長くなり、死亡リスクも軽減するとされています。

ただし、同じ睡眠時間をとっても十分休養したと思える人もいれば、不十分と感じる人もおり、個人によって異なります。それは、年齢や日中の活動内容、体調、その人の性格などによっても必要な睡眠時間は変わってくるものと思われます。

よって、日中、生活をするうえで、過度の眠気を感じず、気力的にも体力的にも充足感があれば、それがその人に合った睡眠時間と考えた方がいいでしょう。

例えば、正午から午後3時頃の眠気は睡眠時間が十分な状態でも現れるが、午前中や夕方過ぎにも強い眠気を感じたり、椅子などに座るといつでもどこでも寝てしまう、などの症状があるようでしたら、睡眠時間が十分とは言えないでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。