スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

概日リズム(サーカディアン・リズム)とは

人は1日に1回眠りますが、それは24時間を一周期とする生体リズム(概日リズム、または、サーカディアン・リズム)があるからです。

このリズムは体内時計によってコントロールされています。体内時計は脳の視床下部の視交叉上核にあり、体内時計によって体温のリズムもコントロールされています。

体温は朝から上昇し始め、午後に最高に達し、今度は夕方になると下降し始め、夜、眠りにつくとさらにぐっと下がるというリズムがあります。

また、この生体リズムは脳の松果体から分泌されるメラトニンというホルモンからも大きな影響を受けています。

メラトニンは夜になって眠るための睡眠ホルモンと言われており、朝起きて太陽の光を感知すると、それが視交叉上核に伝えられ、その14~16時間後に松果体からメラトニンが分泌されます。そして、メラトニンが分泌され、2~3時間すると眠くなり、就寝します。

夜

以上のように毎日無意識に繰り返している生体リズムの周期ですが、実は正確には24時間より10分ほど長くなっており、1日24時間のサイクルと少しズレがあります。

人はこの周期のズレを毎日太陽の光を浴びることや毎日決まった時間に食事を摂ること、時間を意識することなどで調整しています。

例えば、時計もなく、真っ暗な洞窟の中で生活を行うと、毎日少しずつ、生体リズムが後退し、そのうち昼夜が逆転してしまいます。

以上から日中は出来るだけ太陽の光を浴びる、食事は規則正しく摂取する、といった生活習慣が睡眠の重要な要素となります。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。