スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達障害に伴う睡眠障害

広汎性発達障害(PDD:社会性の獲得やコミュニケーション能力の獲得といった人間の基本的な機能の発達遅延がある)や注意欠陥・多動性障害(ADHD:不注意、多動性、衝動性を症状の特徴とする発達障害)の子供の多くは睡眠障害の症状も抱えることがあります。

PDDでは、入眠障害と睡眠維持障害が多くみられ、なかなか就寝しない、夜中に起きて騒ぐ、ちょっとしたことで起きてしまう、といったことが乳幼児期から現れます。

その背景にはGABAやセロトニン系の発達遅延が睡眠障害と自閉症状に強い影響を及ぼしていると考えられています。

ADHDでは、入眠障害と睡眠維持障害、日中の眠気などに加え、様々な睡眠障害を合併していることがあります。特にむずむず脚症候群周期性四肢運動障害といった睡眠障害は高頻度に合併し、それによって多動症状をさらに悪化させている可能性があります。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。