スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月経周期と睡眠障害

月経前になると女性はホルモンのバランスが急速に変化し、下腹部痛、頭痛、乳房痛といった体調不良が見られ、精神状態も不安定になります。

そして、多くの女性が日中の強い眠気を訴えるようになります。こうした症状が悪化したのが「月経前症候群」で、さらに重症になると「月経前不快気分障害」となって、イライラ、だるさ、抑うつ、無気力、睡眠障害といった症状があらわれます。

女性ホルモンには黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)がありますが、分泌されるのは思春期から更年期以前までであり、約28日の月経周期があります。

卵胞ホルモンには眠気の抑制作用があり、黄体ホルモンには眠気の促進作用があります。
黄体ホルモンは排卵後から月経が始まる前までの時期に多く分泌されるので、月経前になると眠気を訴える女性が多くなります。

黄体ホルモンが分泌されると身体の内部体温の下がりが悪くなるので、睡眠の質が悪くなり、そのため月経直前は睡眠時間が同じでも深い睡眠が減って、浅い睡眠が続くことが多くなります。それによって、さらに昼間の眠気が強くなります。

また、妊娠初期にも黄体ホルモンの分泌量が著しく増えるため、眠気を覚える妊婦が多くなります。

また、黄体ホルモンが眠気を誘うのは、妊娠・出産という大事な時を迎え、やたらに動き回って身体に悪影響を及ぼさないように、できるだけ休息を与えるためとも考えられています。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。