スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節性うつ病による過眠症

季節性うつ病(季節性感情障害、seasonal affective disorder:SAD)とは、季節の変化によって発症するうつ病で、ある季節にのみ、身体がだるく、疲れやすくなり、気分が落ち込んでしまうなど、うつ病と似た症状がでます。

最も一般的なものは秋から冬にかけて発症する冬季うつ病です。うつ病は一般的に、不眠・食欲不振が症状として出ますが、冬季うつは逆に過眠・過食の症状が出ます。

炭水化物や糖質を多く含むものを過剰に摂取し、昼間の眠気が強く、睡眠時間が増え、体重も増加してしまいます。

原因としては、近親者にうつ病歴および季節性うつ病歴があるような遺伝的要因と日照時間による影響が考えられております。

冬季うつ病が発症する時期になると日照時間が短くなり、それが生体リズムに影響を及ぼし、睡眠のリズムを狂わせるとされています。

よって冬季に限らず、日照時間の短い地域に転居することによって発症するケースもあります。

季節性うつ病の治療法としては、高照度光療法がとられます。2500~3000ルックスの光を毎朝2~3時間程度浴びることによって、生体リズムを取り戻します。

脳から分泌される睡眠ホルモンであるメラトニンは朝太陽の光を浴びることによって夜間に分泌量がピークとなり、眠りを誘います。

冬季うつ病になると、日照時間の変化から、このメラトニン分泌のリズムが乱れてしまっていることから、朝早い時間の高照度光療法によって生体リズムを取り戻します。

また、高照度光療法で改善が見られない場合は、薬物療法、精神療法、生活指導などが併せて行われます。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。