スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

周期性四肢運動障害 (periodic limb movement disorder:PLMD)

周期性四肢運動障害とは、眠っている間に手足が周期的にけいれんして、そのために眠りが浅くなり、夜中に何度も起きてしまう睡眠障害です。

筋肉の瞬間的な痙攣のことを専門的には「ミオクローヌス」と呼び、本障害は別名、「睡眠時ミオクローヌス症候群」とも呼ばれます。

つま先や足首のピクピクした動き、素早い膝の屈伸(蹴るような運動)を繰り返します。

1回の運動の持続は0.5~5秒で、20~60秒間隔で出現します。中高年に多く、加齢とともに頻発し、60歳以上の成人の約3割、また、妊娠中の女性でも2割近くに発生するといわれています。

ただ、障害を抱えている本人は不眠や昼間の眠気といった自覚はあっても睡眠中に自分がけいれんしているかどうかはわからないので、いわゆる不眠症として認識されることも少なくありません。

原因ははっきりと判明していませんが、脳の中枢神経系であるドーパミン神経伝達物質の機能障害によるものではないかと言われています。また、抗うつ薬を摂取しているときや辞めたとき、腎・肝不全の人、妊娠中の人、鉄分不足による貧血の人などにも発症することがあります。

似たような病気として、むずむず脚症候群がありますが、むずむず脚症候群の場合、起きている時に脚がムズムズするので、本人に自覚があります。一方で周期性四肢運動障害は眠っている時に発症するので、本人に自覚がないという違いがあります。

また、むずむず脚症候群の人の多くが周期性四肢運動障害を併発しています。

医療機関にて睡眠ポリグラフ検査を行い、睡眠中の手足のけいれんが1時間に15回以上発生していた場合、周期性四肢運動障害と診断され、睡眠中のけいれんを抑制するための薬物治療が行われます。

また、運動をしたり、カフェインの摂取を控えたり、脚を温めたり冷やしたりすることで症状が緩和することもあるようです。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。