スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に呼吸が止まる病気です。

医学的には、7時間以上の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上(もしくは睡眠1時間に平均5回以上)見られると睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

そのタイプには閉塞型(空気の通り道が閉じられる)、中枢型(循環器系の異常による呼吸停止)、2つの混同型がありますが、最も多いケースが閉塞型となります。

閉塞型は睡眠中に舌や喉の筋肉がゆるみ、舌根が落ち込み、肥満や顎が小さいなどの形状的異常により狭くなった気道をさらに閉じてしまうことから起こります。

睡眠中にこのような無呼吸の状態になると、酸素が十分に供給されないことから、睡眠中に苦しくて目が覚めたり、浅い眠りが多くなり、十分な時間睡眠をとっても十分に休息した感じがしません。

このような状態が続くと、日中に強い眠気を感じるなど、日常生活に支障をきたすだけではなく、高血圧症や動脈硬化、脳梗塞、糖尿病の悪化などの他の病気を併発する危険を高めます。

米国の調査では、米国内でSASに関連した心血管系の障害により死亡する患者が毎年約4万人、そのうち高齢者の死亡率が健康な人の2.7倍にもなることが明らかにされています。

いびきをかく人は日本で約2,000万人いるとされ、そのうち約300万人が睡眠時無呼吸症候群ではないかと疑われています。その数は年々増加の一途をたどっておりますが、実際に治療を受けている方はわずかに6万人程度です。

SASは1時間当たりの無呼吸の回数に基づいた「無呼吸・低呼吸指数(Apnea Hypopnea Index:AHI)」によって、重症度の目安が示されます。AHI5~15が軽症、15~30が中等症、30以上が重症です。

なお、次のA、B、Cの症状が認められる場合は、この疾患の疑いが高いため、専門医の受診が望まれます。

A. 強い眠気がある。時として、患者はそれらの症状を自覚しないことがありますが、その場合には周囲の者によって症状が観察されます。

B. 睡眠中に閉塞性の呼吸停止が頻回に生じる。

C. 随伴症状
 1. 大きなイビキ
 2. 朝の頭痛
 3. 覚醒時の口渇
 4. 幼児においては、睡眠中の胸壁の陥没

また、中枢性睡眠時無呼吸症候群の場合、睡眠中に呼吸運動の停止、あるいは減弱が生じ、通常、酸素飽和度の低下を伴います。この疾患では、中途覚醒が主体の不眠を訴えることが多いです。

夜のうちに数回の中途覚醒が生じますが、息を吸おうとあえいだり、窒息感を伴う場合があり、日中の疲労感、倦怠感が見られます。

次のA、B、Cの症状が認められる場合は、この疾患の疑いが高いため、専門医の受診が望まれます。
A. 不眠または過度の眠気の訴え。患者は時として臨床症状を自覚していません。

B. 頻回に生じる睡眠中の浅い呼吸ないし呼吸の停止。

C. 少なくと次のうち1つの随伴特徴を示します。
 1. 睡眠中のあえぎ、うなり声、窒息感
 2. 頻繁な体動
 3. 睡眠中のチアノーゼ

なお、中枢性睡眠時無呼吸症候群は閉塞性睡眠時無呼吸症候群と比べて、酸素飽和度の低下も軽度であり、心循環器系の合併症も少ないですが、無呼吸の頻度が高く、不眠や過眠の自覚症状を伴う症例では治療が必要となり、CPAPや薬物療法がおこなわれます。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。