スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月経周期と睡眠障害

月経前になると女性はホルモンのバランスが急速に変化し、下腹部痛、頭痛、乳房痛といった体調不良が見られ、精神状態も不安定になります。

そして、多くの女性が日中の強い眠気を訴えるようになります。こうした症状が悪化したのが「月経前症候群」で、さらに重症になると「月経前不快気分障害」となって、イライラ、だるさ、抑うつ、無気力、睡眠障害といった症状があらわれます。

女性ホルモンには黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)がありますが、分泌されるのは思春期から更年期以前までであり、約28日の月経周期があります。

卵胞ホルモンには眠気の抑制作用があり、黄体ホルモンには眠気の促進作用があります。
黄体ホルモンは排卵後から月経が始まる前までの時期に多く分泌されるので、月経前になると眠気を訴える女性が多くなります。

黄体ホルモンが分泌されると身体の内部体温の下がりが悪くなるので、睡眠の質が悪くなり、そのため月経直前は睡眠時間が同じでも深い睡眠が減って、浅い睡眠が続くことが多くなります。それによって、さらに昼間の眠気が強くなります。

また、妊娠初期にも黄体ホルモンの分泌量が著しく増えるため、眠気を覚える妊婦が多くなります。

また、黄体ホルモンが眠気を誘うのは、妊娠・出産という大事な時を迎え、やたらに動き回って身体に悪影響を及ぼさないように、できるだけ休息を与えるためとも考えられています。
スポンサーサイト

妊娠と睡眠障害

妊娠中においては、多くの方が不眠を体験します。

妊娠初期は眠気が強くなり、つわり、頻尿などが夜間の睡眠を妨げることがあります。

妊娠中期になると腰背部痛、関節痛、胎動、胸やけ、下肢のこむらがえりやむずむず感、息切れ、鼻閉その他の上気道狭窄等が加わり、睡眠を妨げます。

そして、妊娠後期には、腰背部の痛みに加え、腹囲の増大のために、心地よい睡眠体位がとりにくく、睡眠を妨げます。

妊娠中に合併し、不眠をきたしやすい睡眠障害として、むずむず脚(レストレスレッグス)症候群周期性四肢運動障害、睡眠関連こむらがえり、睡眠関連呼吸障害があげられます。

むずむず脚症候群は妊娠中、特に妊娠後期に発生することが多く、約1/5程度の妊婦が経験すると言われています。

原因としては、鉄や葉酸の欠乏が関係するという説や、妊娠に伴う下肢の血流不全等が関係するという説があります。いずれにしても出産後には、そのほとんどが完治または改善します。

睡眠関連こむらがえりも妊娠後期に合併することが多く、マッサージなどで症状が軽減されます。

予防としては、就寝前の入浴や下肢のストレッチ、足関節以下への寝具の圧迫を減らしたり、足底をベッドの足板につけたり、足底に枕を置いたりして、睡眠中に足関節が底屈(足の指先が足裏方向に折曲がる方向)しないようにするといった方法があります。

睡眠関連呼吸障害は、妊娠に伴う上気道の狭窄によって悪化し、実際に妊娠中にはいびきをかくことが増え、妊婦の1/3がいびきをかくという報告もあります。

また、妊娠中や出産後は、無事に赤ちゃんが産めるのだろうか、きちんと育てられるのだろうか、いいお母さんになれるだろうかといった不安や恐れがストレスになり、心理的に不安定になります。

妊娠初期に発症するうつ病を「産前(妊娠)うつ」、出産後数週間して発症するのが「産褥(産後)うつ」です。産褥(さんじょく)とは、出産後に母体が回復するまでの通常6~8週間の期間のことです。

また、出産後2、3日から1週間以内に女性が陥りやすい一過性の抑うつを「マタニティブルー」といいます。妊娠後期から末期の睡眠障害を受けて発症します。

涙もろくなる、イライラして他人のちょっとした言葉が気になるのが主な症状で、赤ちゃんの世話が十分に出来なくなってしまうことがあります。

マタニティブルーは軽度の一時的な気分の変化で、うつ病とまではいえません。
いずれにしても妊産婦の睡眠障害は、母体の心身のみならず、胎児の健全な発育を阻害するリスクもありますので、十分な睡眠の確保が必要不可欠です。

なお、結婚を控えた人に見られる精神的な不安状態(「マリッジブルー」)に陥った人も同様に不眠になりやすくなります。

更年期における睡眠障害

閉経(日本人の平均的な閉経年齢は約50歳)の前後5年間を更年期といい、個人差はありますが、この期間になると卵巣機能が衰退・消失していきます。

卵巣ホルモン(エストロゲン)の急激な低下により、ホルモンバランスが崩れ、情緒不安定になり、頻脈・動悸・腹痛・微熱・ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)・多汗・頭痛・めまい・耳鳴り・肩こり・疲労感など、さまざまな症状が現れます。

更年期においては、不眠も多く発生し、特徴としては、「ほてり」や「寝汗」を伴い、夜間に何度も目覚めたりします。ただ、多くの場合は数カ月ないし数年のうちに自然消滅します。

また、この時期は月経や若さに対する喪失感、子供の独立や介護など、家庭内にいろいろな変化が起きやすく、これらの心理社会的ストレスから不眠が生じることもあります。

治療にはホルモン補充療法が有効とされますが、長期的な副作用として、心血管系への悪影響や乳がん発生率の上昇等が報告されています。他の薬物療法としては、漢方薬や睡眠薬等が使用されます。

なお、更年期には心理社会的ストレスが多いために、急性不眠症や精神生理性不眠症不安障害に伴う不眠症などを生じやすくなります。

いびき

いびきは、呼吸運動により上気道の狭くなっている部分が振動して起こるもので、極端に鼻腔・喉の狭い重症の人では、眠っていなくても仰向けになるだけで音が生じることがありますが、多くは睡眠中にのみ生じる現象です。

これは、眠ってしまうと上気道を構成している筋肉の緊張が緩み、舌根が喉に落ち込み、気道を狭めるためです。

いびきが生じる場所は、鼻咽頭から声帯までさまざまですが、小児期ではアデノイド・扁桃腺の肥大によることが多いです。

症状としては、苦しそうないびきに加え、陥没呼吸(息を吸い込むとき胸の一部が陥没する状態の呼吸)、寝汗、執拗な寝返り、夜尿、朝起床困難などがあります。

また、日中は学業不良、多動、注意力低下、成長障害などが認められます。

いずれにしても子供の成長に影響を及ぼしますので、いびきに加え、上記のような症状が見られる時は早めに医療機関で扁桃腺を確認してもらいましょう。なお、睡眠時無呼吸症候群も子供に珍しいものではなく、全体の1~3%の割合で生じます。

成人のいびきは後口蓋部(のどちんこのあたり)であることが多く、それは、後口蓋部が構造上、もともと狭く出来ているので、睡眠によって上気道筋の緊張が低下すると、ここを気流が通過する際に振動(いびき)が生じやすくなります。

いびき音の大きさは、上気道の狭まり具合や呼吸運動の強さに依存します。

一般人口の約5割以上がいびきをかき、毎晩続く常習性のある人は、全世界的で2~3割程度と言われています。日本人でも、常習性にいびきをかく人の割合は男性約21%、女性約6%に達すると言われています。

女性は、女性ホルモン(とくに黄体ホルモン)が呼吸筋(上気道の筋肉や横隔膜、肋間筋など)活動を促進する効果があるため男性ほどいびきをかきませんが、閉経期以降は男女間の差が小さくなります。

いびきは寝不足や疲労、アルコール、睡眠薬などによっても上気道筋活動が抑制され、かきやすくなります。

たまにかくいびきは問題ありませんが、いびきが常習化し、さらに音が大きくなっていくにつれて、喉の狭窄、陰圧化(これによって、呼吸運動に際して喉が引き込まれるような感じになる)が強くなると、自律神経系や循環動態にも影響が及ぶ上に、喉の刺激で目が覚めやすくなります。

これがさらにひどくなると、無呼吸(喉が詰まって呼吸がとまるもの)や低呼吸(呼吸量が正常呼吸の2分の1以下になるもの)が起こるようになり、睡眠時無呼吸症候群と言われる睡眠障害に分類されるようになります。
検索フォーム
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。